教材の入手方法|個人塾開業までの準備

塾の教材は市販では売られていません。
アマゾンや楽天で検索しても出てきません。

って、そもそも塾教材って何があるの?
どこがあるの?

何で検索すればいいかも分からない。
私も開業当時悩みました。
同じように、「塾の教材って何があるの!?どうすればいいの!?」とお悩みの方に塾業界ではおなじみとなっている3つの出版社をご紹介します。

人気度第1位 ウイニング中学問題集 (好学出版)

winning教材
お勧めのポイント

  1. 反復を意識させた問題作りで、しっかりと要点整理を見ていればひとりでも解ける問題が多い
  2. 標準レベルの問題で、勉強が苦手な子から得意な子まで幅広く使用できる
  3. 「ウイニング中学問題集PLUS」もあり、「PLUS」は学力が高い子向き
  4. 購入されるなら「PLUS」意外が望ましい

詳細はこちら

人気度第2位 新中学問題集 (教育開発出版)

img_os01
お勧めのポイント

  1. 私立学校で使われていることが多く、その問題内容も難問揃い
  2. 基本、標準編と発展編がある
  3. 進学塾を開業するなら発展編をお勧めします
  4. これくらいの問題を解いてもらわないと進学校には合格できない

詳細はこちら

人気度第3位 オリジナルテキスト (森の実出版)

mori
お勧めのポイント

  1. ここの”ウリ”は問題テキストを購入する前に見れること
  2. 最初に知ったときは、すごく驚いたのを覚えています
    あくまで想像なのですが、通常、出版社に見本を送ってもらいそれからの購入の検討になります。
    その発送が面倒なのかな??オリジナルテキストさんの経営方針が、どういった狙いかは分かりませんが、思い切ったことしたな!と感心します。
    ここまで堂々と自分をさらけ出せる代表は中々の男だと勝手に思っています。

  3. 内容の評価として、良い
  4. 学力の低い子から中級者まで幅広く合わせている
  5. 問題の選定もしっかりしてあるので、応用までしっかり準備してあります
  6. 進学塾で開業し、学力の高い子供を集めるなら物足りないテキストになりそうですが、そうではない場合、ぜひぜひお勧めです

詳細はこちら

塾教材の欠点

塾教材の欠点として、学校教科書にそった問題集ではなくなること
すべての教材がそうではないのですが、多くの塾教材は学校教科書に合わせた内容になっていません。
数学や理科は経験でカバーできますが、英語には注意が必要です。
参考までに文部省認定の英語教科書は現在、will と be going to の習うタイミングが少しずれて教科書に載っています。
これが塾教材では一緒のタイミングで要点整理に収録されています。

もちろん学校教材に合わせている塾専門の教材もあります。
「学校教科書に合わせた教材ですか?」と、その点を確認されて購入されてください。

管理人:やるキング

プロフィールイラスト_150塾を開業して10年!
私が開業する10年前に欲しかった情報をとことん載せてます!
夢を見れない記事もあります。世の中そんなに甘くない!現実を経験したものだから言える泥臭いところまで大公開!
一緒に儲ける塾を築きましょう♪

→詳しいプロフィール

ページ一覧