お金を掛けずにバイト求人募集する方法|成功への経営戦略

「よしっ、バイトを雇おう!」
と、心に決めて、いざ募集。

募集の方法として

  • 求人誌ののせる
  • ホームページに載せる
  • 知人、コネクションを利用する

が一番に思いつく方法です。
中には、現在就職中の塾から、そのまま引き抜きを考えている方もいるかもしれません。

求人誌にのせる

求人誌に載せる場合、費用が掛かります。
タウンワークや、アン、求人案内などが上がりますが、安い価格で2万円前後

人を雇うのにお金がかかり、人の募集にまたお金がかかる。
安い価格で2万円前後です。
1発で集まればいいのですが、集まらなかったら無駄金となります。
通常、4週連続記載するといった方法をとります。
もちろんその分のお金がかかります。
ただ、裏ワザとして、営業担当者との交渉で安くなることもあります。
(ちゃんと交渉できたら、本当に安くなります)

求人誌掲載までの基本的な流れ

  1. タウンワークなどの業者に相談
  2. 営業の方との話し合い
  3. 支払い
  4. 掲載

になります。

ホームページに載せる

既に自社のホームページをお持ちでしたら、「求人募集」のページを作りそこから募集します。
ホームページを見て面接に来た子は正直当たりです。
ホームページには経営理念や、指導方針が載せてありますので(載せてますよね!?)それに共感し、「この塾で働きたい!」という高い志をもった子が来やすい
素人が作ったホームページではSEOの技術が乏しく、求人のページを見てもらえないことがあります。
でも、やらないよりやったほうがいい。

知人、コネクションを利用する

知人や知り合いからの紹介でバイトを雇う場合、すでに相手のことを知っていることが多く、信頼できる人に頼めるというメリットがあります。
そして、求人にかけるお金がかからない
これば素晴らしい!と、パクっと行きがち。
だからこそ、最初の話し合いはちゃんとする。
なぁなぁで雇わない。

  • 給料の話
  • 遅刻のときはどうするか
  • 欠勤のときはどうするか
  • 給料の支払い方法はどうするか

など、最初にきっちりしていた方がいいでしょう。
知り合いと言っても書面できっちりと説明し、相互理解をとっておく。
そうでないと、せっかくの信頼感がなくなってしまいます。

お勧め!出費を抑えた求人方法

求人誌に載せるときの最大のデメリットは、バカが来ることです。
時給につられてか、「なんで、お前…よく来れたね…」というバカが来ます。
そのバカすら教育しようといって、雇っちゃう。
そんなあなたも大好きですが、やはり、学がある人が望ましい。

そこで、お勧めな方法が
大学の門でビラ配り
これ、最強です!
大学に問い合わせたこともありますが、NGは大学内に入っての求人のビラ配り。
大学の外に出れば大学側は手を出せない。
つまり、大学の正門をでた道路で待ち伏せ。

泥臭い方法ですが、効果は絶大です。

「泥臭いからいや!」

読んでいられる方で、既にこの方法を思いついているけどしないと決めている方。
恥ずかしい。めっちゃ恥ずかしい。
のは分かりますが、その恥と、数万円とどっちが大切ですか?
半日我慢してビラを配ればいいんです。
求人誌に4週載せたとして8万前後。(交渉次第で安くなります)
その8万とあなたの恥。どっちが大切ですか。

どうしても嫌なら、バイトに頼めばいい。
そのビラ配りをしてくれるバイトをどこから雇うんだってことですが(笑)

あなたが男なら、女子大生を見に行くノリで。
あなたが女なら、イケメンに癒しを求めるノリで。

どうしてもビラ配りが無理だという方へ、大学掲示板という方法

どうしても無理だという恥ずかしがり屋。
そのくせ安く済ませたいというわがままちゃんへ、こういった情報を記載しておきます。
「大学掲示板」の中に、求人コーナーがある大学があります。
結構あります。
そこに、求人のチラシを張らせてもらいます。

大学掲示板に記載してもらう流れ

  1. 大学に電話
  2. 「求人用の掲示板ありますか?」と問い合わせ
  3. あるのならば、料金を聞く
  4. 掲載手続の説明を聞き、掲載

この掲載料金がかなり安いです!
数千円から、中には無料という大学もあります。
ぜひ、大学にお電話を!

管理人:やるキング

プロフィールイラスト_150塾を開業して10年!
私が開業する10年前に欲しかった情報をとことん載せてます!
夢を見れない記事もあります。世の中そんなに甘くない!現実を経験したものだから言える泥臭いところまで大公開!
一緒に儲ける塾を築きましょう♪

→詳しいプロフィール

ページ一覧