儲かるための開業資金はどの程度必要か

最低限の開業資金は前述記述しました。≪学習塾開業までにかかるお金資金|0円開業≫
今回は、儲かるための開業資金について説明します。

儲かるとは、生徒がたくさん来る塾と思いがちですが、本当に儲かるとは、収入から経費を引いた額が大きいということが儲かる塾の基本になります。

儲かる塾にするには、それなりの費用を掛けねばなりません。
といっても、前回の ”テナント代” + 14万円に加えて

  • パソコン
  • ¥100,000

  • 複合機
  • ¥20,000(2か月分、月1万円のリースを組んだ例)

  • ホワイトボード
  • ¥15,000

  • 教科書、問題集
  • ¥50,000

  • 掃除用品
  • ¥10,000

  • 塾長用の机
  • ¥25,000

  • 自社ホームページ
  • ¥200,000(委託)

が必要になります。
合算すると
”テナント代”+56万円 程度
これは、個人で行う塾の開業資金になります。

フランチャイズで行う場合、会社によって、机、ホワイトボード、教科書、問題集の至急があったりしますので、その部分の初期費用が不要になります。また、ホームページの費用も不要になります。
かわりに、加盟料金が0円~200万程度別にかかります。

ここまでしっかりとした開業資金を準備し行動することで、初めて儲ける塾の土台が完成します。
初期投資は起業をするうえで、必ず必要になります。
初めてであれば迷いに迷うことでしょう。
それは、誰もが通る道。
だからこそ、必死で考える。
その繰り返しで、経営者はどんどん成長していきます。
悩まない経営者はいません。
あなたも今、悩み、いろいろと思いめぐらせていることでしょう。
既にあなたは経営者なのです。

悩みに悩みぬいて、開業資金を算出してください。
それが終わったら、その初期投資をいかに早く回収するか
それについて考える次のステージに行きましょう。

大変そうに思われるかもしれませんが、大変です(笑)
ただ、それを超える楽しみがあります。
それは保証します。
サラリーマン時代ではできなかったことができる。
自分で考えた通りのことができます。
偉そうに指図する上司はいません。
かわりに応援してくれる友達がいます。
そして、「あの塾いいよ」と口コミまで広がるようになれば、あなたという唯一無二の存在が誕生します。

苦労してください。
苦労して、いい経営者になってください。

儲かるためには広告費にお金をかける

どこに重点的にお金、予算を掛けるか。
それは集客です。
これは、企業の成長度によって変わってきます。
私の塾の現在のステージは成熟期です。
長く続けていることもあり、口コミによる集客が多くなります。
力を注ぐところは塾内のクオリティー、ブランド力です。
つまり、保護者との対応、講師のスキルアップ、生徒の満足度、教室空間の整備です。
広告費はもちろんかけますが、教育費が開業当初より大きくなっています。

ともあれ、開業時に一番にお金をかけるところは広告費。
チラシをばんばん巻いて知ってもらい、ホームページはSEO対策はもちろん、いい内容のページを作る必要があります。

  • チラシ制作:10万円
  • チラシを業者に委託して作成してもらうために費用

  • チラシ配布:40万円
  • チラシは半年で10回配ります 4万×10回=40万

  • SEO対策費:10万円
  • ホームページを多くの人に見てもらうための対策費その1として、SEO対策を業者に依頼→10万円前後(ピンきりあります)

  • PPC広告:5~10万円
  • 対策その2としてPPC広告を依頼→5~10万円前後

儲けるための広告費として、50万円程度を別に用意する必要があります。
とにかくお金をかけて最初の生徒集客に集中します。
怖いところもありますが、稼ぎにスピードをつけるにはお金に仕事をしてもらうが一番です。

管理人:やるキング

プロフィールイラスト_150塾を開業して10年!
私が開業する10年前に欲しかった情報をとことん載せてます!
夢を見れない記事もあります。世の中そんなに甘くない!現実を経験したものだから言える泥臭いところまで大公開!
一緒に儲ける塾を築きましょう♪

→詳しいプロフィール

ページ一覧