塾開業に必要な文具7つ道具

塾に必要な7つ道具を紹介します
7つ道具の中には定番の文具から、ちょっとお勧めの「こんな文具もあるんだ~」といったものまで集めて見ました。

製本専用ホッチキス

製本ホッチキス
通常のホッチキスと違い、頭が90度回転できるホッチキスです。
家庭用のインクジェットプリンタではない機能ですが、リース複合機には、”ブック製本コピー”という機能がついているものがあります。
その名の通り、本のように印刷してくれる機能です。
真ん中をホッチキスで止めることで、かっこよいテキストが出来上がります。
小型のおおよその価格はこちら
大型のおおよその価格はこちら

ぶ厚くなったプリントもがっちりいける大型ホッチキス

大型ホッチキス
通常のホッチキスだと10枚程度とめるので精一杯。
そこで大型ホッチキスの登場です。
大型ホッチキスともなると、それに合わせた芯も様々です。購入したホッチキス本体の説明書をみて、どの芯が合うのか調べてご購入ください。
おおよその価格はこちら
100枚や200枚まで止めれる大型もありますが、50枚程度の機能で十分かと思います。

シュレッダー

シュレッダー
現在、個人情報の漏えいはすぐ問題になります。
生徒の名前が書いてあるものはすぐにシュレッダーを掛けます。
手で回すようなアナログなシュレッダーもあります。とても安価なのですが、やってみるととても大変。
自動のシュレッダーは詰まった場合の逆回転機能がついていると便利です。
一度にシュレッドする用紙枚数も機種によってことなり、最低3枚は必要。6枚程度あると良い。
意外に見落としがちな点が、連続時間というものがあり、例えば30分ずっと使っていくと、しばらく(シュレッダーの熱が冷めるまで)動かなくなるというものもあります。用途に合わせてグレードを変えて購入します。
おおよその価格はこちら

ミニホワイトボード

ミニホワイトボード
授業を面白くするために使えます。
生徒一人一人に配り、「これ分かるもの~」と聞くのではなく、「答えをフリップにどうぞ!」と全員参加型の授業を行うことで、生徒の受けがよくなります
おおよその値段はこちら

ホワイトボードシール

ホワイトボードシール
ホワイトボードは、消耗していくとペンの跡が消えなくなってきます。
買い換えるのは高くつくので、ホワイトボードシールの出番です。
このシールを上から貼り付けることで、また新しい気分でホワイトボードを使うことになります
おおよその価格はこちら

ペン付きクリップボード

クリップボード
クリップボードにペンがついているだけで結構な値段になるのですが、役に立ちます。
教室内を循環し、子供を観察するときに気づいたことなど、また、机のない廊下で聞かれたとき、便利です。
おおよその価格はこちら

はがせるくっつくファイル

はがせるくっつくファイル
クリアファイルが多くなってきたときに便利です。
クリアファイルを広げると、粘着テープがありますので、そこにクリアファイルを引っ付けて使用します。
生徒用のプリントを渡した際、従来の2点式ファイルだと、穴あけパンチであけるなど不便です。
それに、今日かがばらばらにファイリングされていきます。
これを、国語用、数学用、英語用の3つのクリアファイルを私、プリント配布時にそれぞれにわけていれさせ、それをまとめるファイルとして”はがせるくっつくファイル”を使う。といった例もあります。
おおよその価格はこちら

管理人:やるキング

プロフィールイラスト_150塾を開業して10年!
私が開業する10年前に欲しかった情報をとことん載せてます!
夢を見れない記事もあります。世の中そんなに甘くない!現実を経験したものだから言える泥臭いところまで大公開!
一緒に儲ける塾を築きましょう♪

→詳しいプロフィール

ページ一覧