自分で作るホームページが最悪のわけ

ホームページを自分で作る場合、まず、知っていただきたいこと
「あればいい」程度のホームページを作らない事です。
これ、絶対。

自作でされている方々の学習塾のホームページは全くなっていない。
塾経営者陣の意志が全く伝わってこない。
「何がしたいのこのホームページ?」
が率直な意見です。

私が言っているのは、デザインではありません。内容です。
つまんねー内容ばかり書きやがって。
それで、経営してんのか?
口悪く言うと、そんな感じ。

ホームページ作成会社に頼むと、そのへんまできっちり教えてくれるます。

それでも「自分でやる!だって、お金がないんですもん!」という方に、是非とも知っていただきたい。
何をすれば、自作でホームページを作ってもちゃんとした物ができるか。

あなたにとってのホームページの目的はなんですか?

まず、あなたにとってのホームページの目的はなんですか?
集客、または、問い合わせが主だと思います。

だから、問い合わせフォーム(メール問い合わせ)のページがなかったりしたら、なめてんのか?
と思います。メールアドレスだけ書いてあるのもだめ。
ちゃんと、問い合わせフォームを構築したページを準備します。
電話番号や、塾の名前は、どのページに行ってもホームページの上部に常に表示されていないといけない。

最低限の最低限です。

塾長ブログをとにかく書きたい!
という主張の強い自己満足型。
さらに私をイラつかせます。
飲食店などで「店長ブログ」などというものがありますが、「誰が読むの?」
わざわざ自分でHPを持つ必要はない。
アメブロでやってくれ。
もちろん、ブログ戦法というのもあります。否定はしません。が、塾長ブログはあくまでおまけ中のおまけ中のおまけ。
詳しくは、次回お伝えするとして、一番に考えないといけないのは、ブログではなく
自分の塾の素晴らしさを、読んでくれた方に、伝わるように伝える。
これが大事。
読んでくれる方目線です。
当たり前のようで、この考えが浅い塾サイトが多い。

Web業界では、「有益なコンテンツ」という言葉があります。
エンジニアによってその意味合いは若干変わってきますが、読み手の役に立つページと思っていただいて結構です。
この「有益なコンテンツ」については、時々出てきますので、覚えていてください。

管理人:やるキング

プロフィールイラスト_150塾を開業して10年!
私が開業する10年前に欲しかった情報をとことん載せてます!
夢を見れない記事もあります。世の中そんなに甘くない!現実を経験したものだから言える泥臭いところまで大公開!
一緒に儲ける塾を築きましょう♪

→詳しいプロフィール

ページ一覧