生徒が辞める理由は大きく分けて3つ

生徒が辞める時の理由は大きく分けて3つあります

  • 一つは、親に言われて辞めさせられる(成績が上がらない)
  • 一つは、塾の先生が嫌い
  • 一つは、友達に嫌なヤツがいる

理由その1 親に言われて辞めさせられる(成績が上がらない)

塾を辞めさせられる理由として一番に上がるのがこの親に言われて辞めさせられるがあがります。
なぜ、親が辞めさせたがるのが。それは、成績が上がらないからにほかなりません。
親はお金を払います。その費用対効果を考え
「お金払っているんだから、成績を上げてよ。」
と思っています。
いやいや、講師はがんばっていますよ!
自分の子供の能力をもっと理解してほしいものですが、そうはいかず。

これについて、どのように対策を練っていくかは≪辞めさせないために成績をあげる≫で述べていきます。

塾の先生が嫌い

嫌いな塾の先生が塾長であればもう、どうすることもできませんが、バイトの講師だったのなら、シフトを減らすか、首です。「生徒にも合う合わないがあるから…あと数名の生徒が嫌いと言ってきたらやめさせよう」などと、悠長なこと言っているようでは稼げません。
子供が、「あの先生嫌い」というのは非常に貴重な意見です。
子供だって気を使います。優しいです。
だから、「あの先生嫌い」とはなかなか言い出しにくい言葉。
勇気を出して意見を言ってくれた生徒に感謝。次にそういった機会が来るまでに、塾の評判は知らぬ間に落ちています。

友達に嫌なヤツがいる

も~困ったもので。そういった私的な理由を塾に持ち込まないでほしい。
と、以前は思っていました。
特に女子同士のいざこざ。
しかし、今では別の考えも持てるようになりました。
結局、子供は成長して大人になり、仕事をしていく。
その成長過程で、必ずコミュニケーションの重要さを考えさせられます。
人とのミスコミュニケーションが誤解を生み、生活をしずらくなる。
菊池省三先生という方がいらっしゃいます。このかたは、元小学校教員で、学級崩壊を立て直すために多くの方法と実績をあげられている方です。
「褒め言葉のシャワー」というものがあり、クラスから一名を教壇に立たせ、みんなで褒めちぎるという手法。
これは、塾内の雰囲気をよくするうえでもとても優れた方法です。
私は塾内において、ペアを組ませ30秒交替で相手のいいところを褒め合うという事を実践します。
知らないペアになることもありますが、「元気がありそう」「洋服がきれい」「清潔感がある」といった見た目で褒めることも進めています。
嫌い同士の友達がペアになることもありますが、コミュニケーションの場を設けることで別の見方を気づかせます。
褒め合うことで仲良くなるとまではいかなくても、辞めさせるまでの行動をとめることができます

管理人:やるキング

プロフィールイラスト_150塾を開業して10年!
私が開業する10年前に欲しかった情報をとことん載せてます!
夢を見れない記事もあります。世の中そんなに甘くない!現実を経験したものだから言える泥臭いところまで大公開!
一緒に儲ける塾を築きましょう♪

→詳しいプロフィール

ページ一覧